☆ありがとうございます☆

!!!お陰様で人気ブログランキング1位達成!!!

アフィリエイトを始めるなら早い方がいい

なぜ早い方がいいのか?

前回アフィリエイトは現代の錬金術からの続きです。
 
 
アフィリエイトに挑戦するのは早い方がいいです。
 
 
 
 
なぜ早い方がいいのか?
 

 

 
@先行者利益
 
A結果までのタイムラグ
 

 
 
主にこの二つの理由があります。
 
 
それでは見て行きましょう。
 
 
 
 
 
 

@先行者利益

 
 
 
世の中には先行者利益と呼ばれるものがあります。
 
特にビジネスはそれが顕著に現れます。
 
 
 
 
アフィリエイト業界では、すでに先駆者たちが食い荒らしていった後なので、
 
 
後発組と呼ばれる僕たちが今更、「先行者利益だ!」などと言ったところで大した差はないのですが、
 
 

それでもやはり今すぐ始めるのと1年後始めるのとでは、結果が違ってきます。
 
 
 
 
では、一体何がどう違ってくるのか。
 
 
 
例えば今始めたとしたら、1年後にはもうサラリーマン以上の不労所得を稼いでいるかもしれません。
 
 
でも1年後にようやく「やってみようか」と言ったところで、自由になれるのはその1年後、
 
つまり現在から見ると2年後かもしれません。
 

 
 
もったいないですよね。1年後には自由を手に入れている可能性があるのに、
 
迷っているせいでそのチャンスが先送りになるなんて。
 
 
 
 
もちろん、
 
自由になれるかどうかなんてわからないじゃないか、と言われればその通りですが、
 
 
 
何もやらなかった(変化も成長もない)自分が1年後に居るのと、

 
やってみてダメだったから”次の新しいビジネスを始めた自分”が1年後に居るのとではどうでしょう?
 
 
 
 
結果はどうあれ、挑戦したことによって新しい道を進むことができる方が、
 
人生の展開は早くなります。
 
 
 
 
 
 
自分の望む人生に近づくスピードは遅いより速い方が断然楽しいですよね。

 
 
 
 
 
このように、他者と比べてどうのこうのではなく、自分との比較でも先行者利益が発生するんですね。
 
 
 
どう考えてもすぐ始めた方がいいのは明白です。
 
 
 
 
 
 

A結果が出始めるまでに時間がかかるから

 
 
 
アフィリエイトは、せどりやオークションなどと比べて商品が売れるまでに多少時間がかかるものです。
 
 
 
 
せどりなどは、人気のある売れ行き商品を出品しておけば、わりと簡単に収入が発生しますが、
 
 
 
アフィリエイトは単価自体も高額なものが多く、中身も分かりにくいので、
 
売るためには段階を踏んで行く必要があります。
 

 
 
 
多くの人はここがよくわからず、売れないと言って挫折していきます。
 
 
ちょっと勉強すれば分かる事なんですけどね。
 
 
 
 
正しい順序で説明していき、一歩ずつお客さんに歩み寄って行けばどんなものでも売れます。
 
 
 
 

とはいえ人はすぐ結果が出ないと、あせったり、自分には向いてないんだろうか、とか良くないことをあれこれ考え始めるものです。
 
 
 
なので、アフィリエイトでは『成果が見えるまで多少時間がかかるもの』と覚えておけば
 
モチベーションを落とさずに維持することができます。
 
 
 
 
 
このように、結果の面から見ても早く始めておいた方が、早く成果が体験できるわけですから、
 
気持ちの上でも有利です。
 

 
 
 
 
 
 
追記
 
 
 
迷っている時間というのは、本当にもったいないですよね。
 
 
 
 
 

とはいえ過去の僕はそれが分かっていませんでした。
 
 
ネットビジネスの存在を知ってから10年近くほとんど何もしてなかったのは、
 
ずっと迷ってばかりで行動しなかったからです。
 
 
 
楽々簡単に稼げるという疑わしい商材を買い、騙されたと嘆くだけで、自分から何かやろうとはしていませんでした。
 
 
 
 
ネットだろうとリアルだろうとビジネスでお金を稼ごうと思ったら、
 

サービスを受け取る側ではなく、
 
 
人に与えること、価値を提供する側に回らないといけません。
 
 
 
 
情報を読み漁った所で収入は発生しないという当然のことに気づいてなかったんですね。
 
 
 
やってみてダメだったら、それまでの時間が無駄になる、そんなの時間がもったいない
 
などと思っていましたが、気づけば10年近く過ぎていました。
 

 
 
本当にもったいないのは、迷っている時間のほうでした。
 
 
今ならわかります。
 
 
もっと前に始めていれば、今頃は年収3千万を超えていたでしょう。
 
 
 
 
後悔したところで無意味ではありますが、
 
 

こんな僕の悔しい経験が、今後のあなたの役に立てれば幸いです。
 
 
 
 

やってみれば”良い悪い”どちらかの結果が出ます。

 
 

でも迷うばかりで何もしなかったら、そのどちらも経験できないんですね。

 
 
 
 
前者のほうが人生において前進しています。
 
後者のほうは全く進んでいません。
 
 
 
「自分は10年経っても何も進んでない」
 
 
こんなおそろしいことはありません。
 
 

 
これを読んだあなたには、どうかこんな風にならないでほしいと願っています。