☆ありがとうございます☆

!!!お陰様で人気ブログランキング1位達成!!!

「時間いくら」という考え方ではネットで稼いでいくのは難しい

「時間いくら」という考え方ではネットで稼ぐのは難しい

 

 

1日何時間作業すれば稼げるようになるのか?

 

 

 

初心者の多くはこの従業員マインドでアフィリエイトを実践しようとしています。

 

『毎日○時間頑張ったのだからこれくらいは稼げるだろう』

 

 

これでは「時給いくら」の世界とほとんど同じです。
そしてこの「頑張った時間=稼ぎ」という考え方でビジネスを捉えると大抵うまくいかなくなります。

 

 

一日2時間で稼げるようになる人もいれば、一日5時間必要な人もいます。
つまり「かかる時間はその人による」という事です。

 

 

なぜそんな時間的な差が生まれるのかというと、
人それぞれスタート地点も違えば環境も生活状況も違うし、スキルやステータスも違うからです。

 

 

Aさんは、パソコンにも慣れていて文章を書くスキルや消費者心理なども把握していたので順調にブログ構築をし、毎日2時間程度作業するだけで稼ぎ始めました。

 

 

一方Bさんの場合は、ネットビジネスの知識はおろか、パソコンすらまともに使った事が無い状態だったので毎日6時間以上作業してようやく稼げるようになりました。

 

 

 

上記はざっくりとした例えですが、Bさんの方が初期能力の低かったため、かなりの時間を必要としたという事ですね。
このようにスタート地点が違うだけでも大きな差があるのがおわかりいただけると思います。

 

 

 

 

 

保証を求めても仕方ない

 

 

厳しいようですがアフィリエイトのように独自のビジネスを展開していく以上は、うまくいく保証を求めても意味がありません。

 

 

保証というのは「○時間仕事したのだから○円は稼げる」といった稼げる金額の確約のことです。

 

 

その思考のままでは雇われから抜け出す事は難しいです。

 

 

時給いくらのアルバイトではないのですから、ビジネスで大きく稼いでいこうと思っているのなら保証を求める考えは早めに切り替えた方が賢明です。

 

 

なぜなら、そのまま継続しても自分の中から不満が沸いてきて、あれこれ自分で文句を言い出して不安にかられ、モチベーションを保つ事が出来なくなってしまうからです。
  

 

こうして多くの初心者たちは挫折していくのですね。

 

 

 

実は、あと1歩の所で成功の扉が開いたかもしれないのに、そうとは気付かずに諦めてしまうわけです。
本当にもったいない話ですが、これは意外にも多いパターンだったりするのですね。

 

 

 

 

じゃあ一体どうすればいいのか?〜対策編〜

 

 

 

でもなるべくなら「短時間の作業で早期に成功したい」そう思うのは当然です。早く自由になりたいと考えるのは皆同じです。

 

 

副業としてアフィリエイトの仕組み構築をやるなら、尚更、日々の作業時間は結構シビアな問題になってくるものです。

 

 

 

「1時間ならまだしも、3時間も4時間も毎日確保出来ないよ」そういう事は多々あるものです。

 

 

仕事で疲れているから今日は5分も作業出来ない…
でも仕組み構築の作業は進めないと、いつまでたっても1円も稼げない。

 

 

 

 

こんな苦悩の繰り返しな毎日を送っている人がどれほどいるのでしょうか。
まさしく副業アフィリエイターのジレンマですね。

 

 

いや、むしろネット副業全般に言えるジレンマかもしれませんね。
多くの人がこの苦痛に負けて挫折してしまうのは無理もない事だと思います。

 

 

「時間いくら」という考え方ではネットで稼いでいくのは難しい

 

 

さて、それでは、いったいどうすればこのジレンマ問題を解消出来るのでしょうか。

 

 

 

ポイントは時短です。

 

 

 

いかに日々の無駄な時間を減らす事が出来るか、それによって確保できる作業時間が決まります。

 

 

それでは次に具体的な対策例を挙げていきますね。

 

 

 

テレビは極力見ない 

テレビを見ている時間はほとんどが無駄です。
特に、ダラダラと目的もなく見ているのが毎日だとしたらもう最悪です。

 

どうしても見たい番組以外は見ないことです。
少なくともビジネスが軌道に乗るまでは徹底したいものです。

 

 

友人・同僚など、無駄な誘いにはのらない

 

友人・同僚などの誘いは極力さけないといつまでたってもサラリーマンの群れから抜け出すことはできません。なぜなら彼らは成功者でもなくあなたと同じレベルの人間だからです。
ワイワイしていれば楽しいかもしれませんし、人生において学びがないとまでは言いませんが、サラリーマン思考の彼らといくら浸り込んでいても、あなたを成功者にはしてくれないのです。

 

 

 

面倒な作業はツールを使って済ませ次のステップにいく

 

時間を作るもう1つの方法としては、ツールを使って時間を一気に短縮するという方法もあります。

 

 

例えば、ちゃんとしたブログやサイトなどを作ろうとした時、
HTMLやCSSなどの難解な言語を覚えたり構成を組んだりと、やることが多く大幅に時間を取られてしまいます。

 

 

サイトの大枠を作りウェブ上にアップする。
これはアフィリエイトを始める前の段階ですから、さっさとクリアしてしまいたい段階なのですね。

 

 

ですが、実はかなりの初心者が足止めをされてしまう段階でもあります。

 

 

ハッキリ言って、サイト作成にかかる時間など無駄でしかありません。

 

 

 

お金を稼ぐためには記事を書いて情報発信をしていく。
この段階に進まなければいけないのです。

 

 

 

 

勉強が必要と感じたなら、役に立たない詐欺商材ではなく的確な優良教材・書籍などをチョイスして効果的かつ効率的にインプットする

 

知識が必要ないなんて言える人は、ほとんどいないんじゃないか?と思います。

 

 

多少のお金がかかっても知識に投資することをやめないでください。
その一見無駄に思える自己投資がやがて何倍にもなって帰ってくるという可能性を秘めているからです。

 

 

そして情報教材ならアフィリエイトに必要な知識やスキルを学びやすいですが、他にも本からも吸収できることはたくさんあります。

 

 

大事なのは、効果のない物を選ばないこと。
良いものを的確に学び吸収していく事が、結果的に無駄な時間を省くことに繋がりますからね。

 

 

僕の場合はまずコピーライティングを学びました。そして消費者心理なども学んでいきました。

 

 

なぜそこに行き着いたかというと、僕がアフィリエイトを始めた2016年当時は、まともに記事が書けなかったからです。

 

 

僕らのやっている情報アフィリエイトは人の役に立つ記事や稼ぐために大事なこと、商品の紹介など、様々なことを分かりやすく読み手に伝わるように書く必要があります。

 

 

間違っても自分の日常や食べ物の好みなどを書きつらねてはいけません。
たまに書くくらいなら問題ないですが、芸能人やアイドルでもない限り誰もそんなものに興味はないですからね。

 

 

 

とはいえ、最初は僕もそのような無意味な記事を書いたこともあります。
(恥ずかしすぎて公開もせず次の日には消しましたが)

 

 

何をどう書いていいか分からないというのは結構つらいものでした。
やがて僕は、『せめて、なるべく失敗は最小限に抑えて、記事を書くのに費やした時間を無駄にしたくない』と考えるようになりました。

 

 

そうして、「じゃあ的確な文章の書き方を勉強すればいいんだ」という結論に至りました。

 

 

そこで調べていく内に、コピーライティングはやはりネットビジネスをやる上では重要だと分かってきましたし、知らないのはライバル達に遅れを取っているに等しいと感じました。
さらに、同じくらいに、人が物を買う心理というのも商品を売って行くためには必要だなと感じてきたので消費者心理なども勉強していきました。

 

 

 

こういった知的投資が功を奏したのか、僕の元には日々、色んな方からメッセージが届きます。

 

「藤本さんの記事はとても共感できます」

 

「メルマガ講座はわかりやすくて勉強になります」

 

「僕も早く稼げるようになりたいです」

 

 

などといった嬉しい感想などを頂く事が多いのですね。
こうして多くの人に読んでいただける記事を書けるようになったのも、早い段階で必要な知識を学んで来たおかげだと思います。

 

 

学んだ知識やスキルは一生モノです。 

 

 

アフィリエイト初期はやる事が多くて大変に思うかもしれませんが、知識のインプットも早めに済ませておくと後が楽になりますからね。

 

 

 

トイレ休憩、昼休み、通勤時間、暇さえあればインプットにあてる

 

呼んで字のごとく、暇さえあれば知識を取り込んでください。
つまりスキマ時間はインプットにあてるという事です。
書籍など教材は何度も読み返すことで記憶は定着してきます。

 

 

僕の場合は、昼休み等の休憩時間は一人ご飯を食べながら電子書籍を見ていました。
pdfなどはスマホでも見る事ができますからね。

 

 

車通勤なので本は読めませんが、代わりに通勤時間はビジネス音声を聞いていました。

 

 

他にも寝る前の数分間もインプットに最適な時間です。
僕は今でも枕元にいつも何かしらの本をおいています。

 

 

ポイントは自分のペースで、苦にならない程度にすることです。
インプットも嫌々やっていては効果が半減しますからね。

 

 

 

 

本業を早く終わらせる、残業など存在しない勢いで仕事をテキパキこなす。

 

 

これは、出来るだけ早く帰宅しましょうという事です。
本業で無用なサービス残業などせはず、持てる時間は全て副業にあてるべきだと僕は考えています。

 

もちろん、そうは出来ないお仕事をされているかもしれませんので無理は言いません。

 

特に仕組み構築の初期の段階は、です。
鉄は熱いうちに打て」ということわざがあるように、アフィリエイト初期の作業は詰めてやっていく方が後々楽になっていくからです。

 

 

職場とのバランスをとるのは精神的にもつらい部分があるかもしれませんし、本業では「とにかく社畜になっておかないといけないんだ」という事情もあるかと思います。

 

 

それは仕方ない事なので、とやかく言うつもりはありません。

 

ただ、いつも忘れないでほしいのが、
あなたの人生はあなただけのものであるという事です。

 

 

 

会社のために人生を捧げるような生き方が正義で、それがこの世で最も素晴らしい生き方だとお考えなら今すぐこのブログを閉じて頂きたいと思います。

 

 

 

 

ですが、そうではないはずです。
あなたはこの社会の歪み、納得のいかない世間への違和感を感じているからこそ僕のブログを見ておられるのだと思います。

 

 

 

 

自由に生きていくことが人間本来の姿であるはずです。

 

 

でもそれを常識や道徳などの見えない鎖で制限をされすぎたこの社会では、ほとんど自由ではないように感じます。

 

(もちろん人を傷つけたりの犯罪はいけませんよ。)

 

 

その制限は精神的なものだけではなく実際の行動にも影響を及ぼします。

 

 

あれをしてはいけない、これをしてはいけない。
幼き頃から僕たちはそうやって優秀なイイ子ちゃんを演じていなければまともな人生を送れないような状況に「世の中全体から」自然と追い込まれてきました。

 

 

学校などでは人生で一番必要なお金の知識や稼ぎ方、起業の仕方など自由になるための教育は皆無なのに、【優秀な従業員】という不自由になるための方法ばかりを教えられてきたはずです。

 

 

 

そのままでいい、みんなと同じでいいと思われるなら、そのまま雇われることだけに執念を燃やす道を進んでくだされば結構ですが、そうではない別の道を進みたいと思っているのなら、変化の道を進む覚悟を決めなくてはいけません。

 

 

変化の道とはこれまでの従業員マインドを変えていく事でもあります。
会社から給料をもらうという思考ではなく、自分で稼いで生きるという思考です。

 

 

雇われではなく雇う側の思考です。
そもそも自分ひとりで稼ぐ能力を身につければ誰かに雇われる必要もないですからね。

 

 

 

そして決めなければいけない覚悟とは「成功するまで諦めない」という覚悟です。
失敗しようがやる気が無くなろうが、それでも継続するというマインドセットです。

 

 

 

僕はこれを成功継続マインドと呼んでいます。

 

 

 

 

「継続する」

 

これは地味で面倒くさくて面白みもなさそうなイメージがあるかもしれませんが、成功するためにはこれが一番重要な心構えです。

 

 

なぜなら、あなたが諦めたらそこで全て終わるからです。
誰もあなたの代わりに成功まで連れて行ってくれませんからね。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

ネットビジネスは楽して簡単に稼げるだとか、まるで何もしなくても勝手に収入が発生するかのようなイメージが先行している現在。

 

 

時給や月給でしかお金を得た事のない人からすれば、
「毎日○時間作業したのだからこれくらいは稼げるだろう」と考えてしまうのは仕方のない事だと思います。

 

 

 

ですが、「○時間いくら」という考え方のままではネットで稼ぐのは難しいと思います。

 

 

 

 

なぜならこれは、雇われて労働の対価としてお金をもらうという考え方だからです。
この「働いてなんぼ」の世界から抜け出すことが自由になるための最短ルートですからね。

 

 

 

自分が働かなくても稼げる状態に自分を持っていく。 

 

 

汗水たらして労働するのではなく、自動化した仕組みに働いてもらうというわけです。

 

ですからその仕組みを作り上げるまでは、多少の時間はかかります。
それは仕方のないことです。

 

 

 

 

成功するまで時間はいくらでもかける。

 

それくらいの意気込みで取り組んだ方が結果としてうまくいきます。

 

 

 

 

偉そうなことを言っていますが、実は僕もブログ開設当初は「○時間いくら」の考え方が抜けずに、投げ出しそうになったことは何度もあります。

 

 

『一体どれだけやれば光が見えるんだ!!』

 

まるで出口の見えないトンネルに突入したかのような状態でした。

 

 

 

成功するまで何時間でも、とは言いましたが、
もちろん、今回お話したような出来る限りの時短対策をして仕組み作りのトンネルは足早に切り抜けることをオススメします。

 

 

 

ちなみに僕が、暗くて長いトンネルを抜け出せた方法はメルマガ講座にて解説しています。

 

 

そのトンネルを長くするのも短くするのもあなた次第です。どうにでも変更できます。

 

 

走り出しの最初だけはスピードも上がらず面倒に思うかもしれませんが、そこを乗り越えれば初心者の峠は越えられます。

 

 

結局は、やるかやらないか。
それだけなのだと、近頃つくづくそう思います。

 

 

それでは時間を有効に活用して行きましょうね。

 

 

 

 

関連記事