☆ありがとうございます☆

!!!お陰様で人気ブログランキング1位達成!!!

アフィリエイトで稼げない人の【3つの原因】と行動パターン

アフィリエイトで稼げない人の【3つの原因】と行動パターン

 

 

初心者がアフィリエイトで稼ぐのは難しいというイメージが多いようですが、本当にそうでしょうか。

 

巷には億稼ぐアフィリエイターもいますし、インフォトップやA8ネットなどのASPで月間ランキングなどを見ても数十万〜数百万稼いでいる人がゴロゴロいます。

 

実際、僕の知り合いにも月収100万を超えているアフィリエイターはいますしね。

 

 

 

…となると、アフィリエイトというビジネスモデルが悪いわけではないという事になりますね。

 

 

 

実は初心者だからという問題ではなく、アフィリエイトで稼げない人にはそれなりの理由があるのです。

 

 

「アフィリエイトで稼げるようになるにはどうしたらいいのか」を知ることも大事ですが、

 

うまくいかない初心者の場合「稼げないのは何故なのか」を知っておくことも重要です。
そこに稼げるようになるためのヒントが隠されているからですね。

 

 

今日はその辺りについてお話していきたいと思います。

 

 

 

 

アフィリエイトで稼げない人がやっている事

 

 

 

今日は疲れたから明日から始めよう
 
情報商材ばかり買い漁っている
 
どうでもいい人のブログばかり読んでいる
 
売り込む事しか考えていない
 
すぐ稼げるという手法に目がくらんでいる
 
価値を生み出してない
 
3日後には飽きて他の手法を探す
 
売るための勉強をしない
 

ネットサーフィンで1日が終わる

 

 

 

アフィリエイトで稼げない人は、だいたいこのような行動パターンですね。

 

これらの中でも3つの主な原因となる要素をピックアップしたいと思います。

 

 

1 無駄な時間を費やしている

 

2 仕組みの構築作業をしていない

 

3 売ることにつながる動きをしていない

 

 

 

それでは解説していきますね。

 

 

 

 

 

1 無駄な時間を費やしている

 

 

上記の行動パターンを見ても分かるようにアフィリエイトで稼げない人というのは生産活動と呼べる行動をしていません。

 

 

ネット上をさまよって、よくわからない人のブログを読み漁っても1円も入って来ませんが、意外とそれに気付いていない人が多いものです。

 

 

実際、僕も全く同じループにハマっていた時期がありました。
何かやっていないと落ち着かないので、とりあえずPCの前に座っている。

 

 

そんな状態でした。

 

 

 

 

あと、無駄な時間で言えば、
稼げるという情報商材を買っては、読まずにそのままという場合もあります。

 

これは商材を買った事で満足してしまった状態ですね。
稼げる気になって満足しているわけです。

 

 

「また暇な時にみよう」と言ってそのまま面倒になって忘れていくパターンです。
ノウハウコレクターによくある状態かもしれませんね。

 

 

他にもゴミのような情報商材を買って嘆いている場合もあるかもしれません。

 

 

この場合は、つらい気持ちはよくわかりますが、いつまでもその感情に流されていてはいけません。

 

「悔しいけど高い勉強代だった」と、早い段階で気持ちを切り替えないとそこで成長は止まってしまうと思います。

 

 

 

 

それと、流行りの誰でも簡単にすぐ稼げるという手法にフラフラ寄って行くのも危険ですし問題ですね。

 

 

正攻法はちょっとためしてみたけど面倒くさくなってしまったから、他の簡単そうな手法を探していく。
これは稼げないというより詐欺師たちのカモになるパターンでもありますね。

 

 

 

そもそも簡単に稼げる情報なら、売らずに自分で利益を独占するはずです。

 

 

考えても見てください。

 

 

もしあなたが、誰でも簡単ですぐ儲かるような情報を持っていたとしたら、不特定多数の人間にたかだか数万円程度で売りますか?

 

 

 

まず教えないと思います。
自分だけで甘い汁を吸い続けようと思うのが人間の心理だからです。

 

 

もっと言えば、
あまりに多く広められたら自分の儲けが減っていくかもしれない。
そんなリスクを考えれば数万円程度で販売するわけがないのです。

 

 

賢いあなたならもうおわかりですね。

 

情報弱者をカモにしたようなうたい文句の情報商材には近づかないことです。 

 

 

無駄な時間を使うだけでなく、お金まで無駄に浪費してしまうことになるので、気をつけてくださいね。

 

 

 

 

2 仕組みの構築作業をしていない

 

 

仕組みの構築とは、商品が売れてお金が入ってくるまでの一連の流れが自動的に行われるような状態を作り上げることです。

 

 

簡単に言えばブログやサイトを作っていくという事です。

 

 

初心者の場合、これをやっていないのが大半です。

 

たとえ優良な情報教材を買っても「今日は眠いし仕事で疲れたからまた明日にしよう」などと自分に言い訳して結局やらない人がいるわけです。

 

 

 

また、こういう場合もあると思います。

 

稼げる保証も見込みもないのに頑張れない。

 

だからやる気が起きない→やらない

 

 

 

 

確かにアフィリエイトは成果が見えるまで時間がかかるし、本当に正しい作業をしているのか不安になる事は多々あると思います。

 

 

しかも孤独です。作業も孤独ですが、周りに相談できる人もいないでしょうから余計に孤独感にさいなまれやすくなります。

 

 

そんな状態で半年も続けられる人の方がまれかもしれません。

 

 

でも僕はそんな状態でも淡々と作業を続けて半年後に初報酬が発生しました。

 

 

 

 

どれだけ自分にできない言い訳をしてもモチベーションが下がるだけで意味がないと僕は思います。

 

そんな事より「どうやったら稼げるようになるか」を思考錯誤していく方が前向きですし、建設的な姿勢ではないかなと思います。

 

 

 

 

 

3 売ることにつながる動きをしていない

 

 

 

多くの人が方向を間違ってしまうのが、商品を「売ろう」「売ろう」としてしまう事です。

 

つまり売り込む事しか考えていないわけです。

 

 

 

驚かれるかもしれませんが、

 

商品を売りたいならば、商品を売り込んではいけません。

 

 

 

 

これはネットビジネスにしてもリアルビジネスにしても、
セールスを学んでいくと見えてきます。

 

 

 

リアルもネットもどちらにしても共通していえる事は、

 

お客さんは売り込みをかけられると逃げていく特性があるという事です。 

 

 

 

 

例えば、
服を見ていて、店員さんがずーっと貼りついてきたら嫌ですよね。

 

 

自分に合うものを知りたい時は良いかもしれませんが、
ただなんとなく見たい時に、服を手に取るたびに横からあれこれ言われてもうっとおしいだけだと思います。

 

 

僕の場合は大抵こうなったら店を出ようかなと考えます。

 

 

この時の店員さんの心理は、「買え買えモード」になっているわけですね。

 

 

押しの弱いお客さんなら、似合うと言われたら買うかもしれません。
ですが、された方はあまり気分よくないですよね。押し売りみたいで。

 

 

 

 

人ってだいたい売り込まれたら抵抗感を感じるものです。
そして抵抗感を感じると逃げていきます。

 

 

これは人間の本能的なもので、
「身の危険を感じたら、危険を回避する」という習性が働くのです。

 

 

大昔なら危険な動物が多くいて生死に関わる問題だらけだったはずです。
現代はそこまで危険な事はないですが、本能的な習性はDNAに刻まれているので、小さな危険でも感じたら、無意識に「回避しよう」となるわけですね。

 

 

 

これが商品を「売ろう」「売ろう」としてはいけない理由です。

 

 

 

 

むしろ売りたいなら、お客さんの事を思って活動しましょう。

 

つまり相手の利益を優先するというスタンスですね。

 

 

 

 

多くの人は売ることしか考えていないので自分の利益優先の思考です。
でもそれでは逆に売れなくなる事は先程お話しましたね。

 

 

ということはお客さんの利益を優先にすれば商品が売れるようになっていくわけです。

 

 

 

アフィリエイトの場合なら、まず価値を提供することです。

 

 

役に立つ知識や有益な情報などを、まず見込み客に提供する。
そうすることで信用が生まれますし、あなたの事をもっと知りたいという興味もわいてくるわけですね。

 

 

 

この人が言っているものなら間違いないな。

 

この人が辿ってきた道を歩けば同じようになれるんじゃないか。

 

 

 

こういった信頼感や興味、好奇心を高めることで自然とお客さんは商品を買っていきます。

 

 

 

 

 

そうしたプロセスを踏むためにはある程度、ビジネスの知識をつけておいた方が有利なのですが、多くの人は勉強をしようとしません。

 

 

売るために必要な勉強をしないのに、売りたいとぼやいている。

 

 

なんだかおかしな話ですよね。

 

 

人は自分より知識のない人から教わろうとは思いません。
普通に考えても、頭悪そうな人が自分を助けてくれそうとは思えないですよね。
そんな人が扱ってる商品は、もちろん買おうとはなりませんし、興味も待たれないと思います。

 

 

自分に足りない知識があると気付いたなら、ある程度は学ぶ必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

PS.

 

 

今日はアフィリエイトで稼げない人がやっている行動パターンと3つの主な問題点をお話しました。

 

 

1 無駄な時間を費やしている

 

2 仕組みの構築作業をしていない

 

3 売ることにつながる動きをしていない

 

 

 

売れないなら売れないなりの原因があるものです。

 

 

多くの初心者がおちいっている問題は上記のような事です。
つまり、これらを改善して行けば稼げるようになるということですね。

 

 

 

一気にやろうとしなくていいんです。
作業は自分のペースでやっていきましょう。