☆ありがとうございます☆

!!!お陰様で人気ブログランキング1位達成!!!

稼ぐ手法ばかり追い求めても自由にはなれない(YouTube編)

手法を追い求めてばかりいても一向に自由になれない

 

 

 

「これが最新の稼げる手法です」と言って、
 
何でもかんでも煽りまくって高額な商材を売り込もうとしてくるのがこの業界の常ですが、
 
 
 
手法”というのは一時の流行のような性質があります。
 
 
ただのブームといってしまうと悲しいかもしれませんが、
本当にその時だけしか通用しない方法ですね。
 
 
 
 
どういうことかというと、

 
同じ手法でやる人が沢山増えていき、お客さんも見なれて飽きてしまうんですね。
 
 
 
ああ、またこの手の売り込みか。
 
 
そんな風に思われてしまった時点で、その最新情報で稼げる時代は終わります。
 
 
 
もちろん、その手法でも稼ぎ続けることができている方もいますが、
そういう人は元々すでに早くから実践していて、スゴイ実績や経歴も持っている人であることがほとんどです。
 
 

 
多くの人が、もうブームは過ぎて稼げないのにその情報を買い、
無駄な時間を浪費させられているんですね。

 

 
そうして、また新たな最新情報を求めてさまようわけです。
 
 
 
最近で言えば、
 
 
「YOUTUBEで毎月自動収入発生!!」
 
「動画をアップするだけで月100万円!!」
 
 
など典型的ですね。
 
 

巷ではユーチューバーが熱いなどともてはやされていますが、そう簡単なものではありません。
 
 
 
もちろん、それが稼げないとは言いませんが、
アドセンスなどの広告収入だけに頼るということは、実は結構なリスクがあります。
 
 
 
この事実に気付いている人は少ないようなので、あえてビシッと言っておきましょう。
 
 

・広告単価が下がったときに大打撃を受ける
・アドセンスアカウントが停止されたら即終了
・リスク回避力が身につかない。

 
 
 
それでは一つずつ見て行きましょう。
 
 
 

・広告単価が下がったときに大打撃を受ける

 
 
アドセンスなどのクリック型広告は、クリックされるだけで収入が発生するのはいいのですが、
 
まず広告単価が安いです。
 
 
正確な数字はなんともいえませんが、だいたい1再生ごとに0.1円などといった具合です。
 
 
それでもなんとか再生回数を伸ばし、そこそこ稼げたとしても、次に待ち受ける試練があります。
 
 
 
それは広告単価が下がることがあるという怖ろしい事態です。
 

 
 
そしてこれはすでに実際に起こっていることで、実践者の単価が下がったという噂も耳にしています。
 
おそらくただの噂ではなく本当のことだと思います。
 
 
 
なぜなら、これはビジネス目線で考えれば当然のことでもあるからです。
 
 
 
 
「YouTubeは稼げる!」などと言って様々なノウハウが売られているので、たくさんの人が実践し始めます。
 
 

広告を出す側からすれば、実践者が増えればその分、配るお金が多くなります。
 
 
 
本来なら企業は、たとえ広告費がかかっても、
しっかりとユーザー(動画を見にくる人)が見てくれるならお金は出すでしょう。
ですが、現実的にはそもそも広告を見てくれないことが大半です。
 
 
 
ユーザーからすれば広告ってウザイ意外の何物でもありません。
邪魔なCMなど即スキップするのはおそらく僕だけではないはずです。
 
 
 
「広告費払ってるけど、ちゃんと見てくれる人は少ない。」

 
そんな状況ですから、企業もあまり実践者をあてにしていないのです。
 
 
 
これも報酬単価を下げる要因の一つですが、
もう一つ理由があります。
 
 
 
企業側は視聴率が悪いと分っていながら、それでも広告を少しでも多くのユーザーに見てもらいたいわけです。
 
 
そのためには多くの実践者が必要です。
 
 

 
そして実践者をたくさん集めるためには、
 
ある程度は稼げるというのがイメージできるように想定収益を提示しなければならないことと、
 
広告塔として何人かのカリスマ的なユーチューバーが必要になります。
 
 
 
ヒカキンさんなど有名ですね。
他にも色んな目立つユーチューバーがちらほら現れていますが、それは置いといて話を戻しましょう。
 
 
 
最近では、更に情報業界でもユーチューバー養成教材なども増え、
実践する人口増加に拍車がかかっています。

 
こうして、様々な要因が重なってCMを流す実践者が増えます。
 
 
 
そこで、ようやく企業側は本性を現します。
 
広告掲載して稼ごうとする実践者がある程度増えた段階で単価を下げるわけです。
 
 
企業からすれば、「稼げるというエサ」に釣られてやってきた人達を囲い込み、
広告を宣伝してくれる営業マンとしてうまく使うことに成功した、といった具合でしょうか。
 
 
最初は「稼げる」ことをアピールしてある程度の金額を渡しておいて、
営業マンが増えた時点でいきなり報酬を下げる。

 
 
たとえ月20万くらい稼げていてもいきなり半額以下になったりするということですね。
 
 
こんな怖ろしいことが平気で起こるのがクリック型報酬の広告システムです。
 
 
 
すでにそれを実践している人からすれば、大なり小なり収入が出ているため、やめるに辞められない状態になっていますから、もはや企業側の思うツボです。
 
 
まるでリストラを恐れて、給料カットに文句も言えないサラリーマンのようですね。
 
 
 

アドセンスなどに収入を依存することが、かなりのリスクである事が少しはご理解いただけたかと思います。
 
 
 
 

・アドセンスアカウント停止されたら即終了

 
 
聞きたくないかもしれませんが、もう一つ怖いお話をしましょう。
 
 
グーグルアドセンスは、やり方が悪かったりするとペナルティーをくらって、アカウント停止などが強制的に行われたりします。
 
 
そうしたら前月まで100万稼いでいたとしても、いきなり収入0円になってしまいます。
 
 
 
自分の収入源を維持管理するという根本的な部分を、自分ではなく他人が権限を持っているという時点で、もはや自由ではありません。
 
 
他人が自分の運命を握っているなんて雇われのサラリーマンとほぼ変わらないですよね。

 
 
 
 

・リスク回避力が身につかない

 
 
残念ながら、アドセンスなどの広告クリック型報酬でいくら頑張っても、物を売る力は身に付きません。
 
 
先程もお伝えした通り、アドセンスやyoutube依存はとても危険な状態といえます。
 
 
 
まさかの事態でアカウント停止などされた日には、ショックで立ち直れないかもしれません。
 
もしその時、仕事も辞めてyoutube1本で生活していたなら尚更ですね。
 
 
 
ある日突然、収入が途絶えた場合、動画を作るスキルしか身についてなければ、

即、路頭に迷うことになります。
 
 
アドセンスのアカウント停止はよく聞く話で珍しいことではありませんが、
 
一度停止を食らえば同じ人物は二度とアカウントが取れないという、絶対に失敗が許されないシビアな収入源なのです。
 
 
 
あくまで小遣い程度の収入源として、数ある収入源の一つとして考えておくなら支障はありませんが、
メインの収入源としては危険なのでオススメできません。
 
 
 
このように、リスクに対して何も抵抗できないようなビジネススタイルに僕たちは時間を割くべきではないと言えますね。
 

 
 
では、もしもの時に食いっぱぐれることがないように備えるにはどうしたらいいか。
 
 
 
 
それは”文章で物を売る”というスキルを身につけておくことでリスクを回避できます。
 
 
 
 
 
 

物を売るスキルがあればお金に困る事がなくなる?

 
 
 
なぜ文章で物を売るスキルがあれば収入に困らなくなるのか。
 
 
それは、「売る物」つまり「商品」さえあれば収入を得ることが可能だからです。
 
収入を”自分でコントロールできるわけですね。
 
 
 
 
ネット上で何か物を売る場合に、最も必要となるのは言葉です。
 
 

 
人は何か買い物をするとき、必ず文章を読んで最終決断をします。
 
 
 
それは、商品の説明文であったり、口コミやレビューであったりと様々ですが、
人は財布のヒモを緩める前の段階で、何らかの文章を読んでから判断を下しているからです。
 
 
 
もしイイなと思ったその商品が、実は粗悪なものだったりしたら嫌ですからね。
誰もが損しないように、信頼できるものかどうかを見極めるために書かれている文章を読むわけです。
 
 
 
 

言葉なら動画でもいいじゃないか?
 
 
と思われたかもしれませんが、
 
動画で何か売るならば、某テレビ通販のような高度なトークテクニックが必要になってきます。
 
 
また、表情や演技力、ルックス、その他様々な条件をクリアしていく必要があります。
 
 
 
 
そこまでやる覚悟がお有りなら止めはしませんが、僕ならそんな大変な武者修行のような道は進もうとは思いません。
 
 

 
 
文章で物を売るスキル、つまりコピーライティングのスキルを学ぶことに集中する方が、はるかに近道だからです。
 
 
 
 
コピーライティングを駆使すれば、文章を繋ぐだけでお客さんを購入まで持っていけるのですから、明らかにその方が楽ですし、
 
「さぁこれから動画撮影だから気合い入れないと!!」、といった変なプレッシャーもありません。
 
 
 
 
極端に言えば、文字を打つだけで収入を発生させることが出来ますから、
 

動画のようにトーク術や見た目、表情、声などコンディション維持が面倒なことも必要ありません。
 
 
 
 
アカウント停止に怯えながら、動画配信サイトやアドセンス等の運営会社の顔色をうかがう必要もありませんし、
 
 
たとえ、もし自分のブログやサイトが何らかの事態で突然消えたとしても、何度でもやり直しが効きます。
 
 
 
文字が打てればいいわけですから、パソコンとネット環境、そしてブログがあればいくらでもお金を生み出していくことが出来ます。
 
 
 

リスクを回避して、食いっぱぐれる事なく収入を生み出し続けるには、
 
文章で物を売る能力さえあれば実現可能であることがおわかりいただけたと思います。
 
 
 
そのスキルを1から100まで徹底的に学ぶなら、この教材が最適だと思います。
 
関連記事:ザ・ミリオンライティングのレビュー(特典付き)
 
 
初心者の方はもちろん、多少の成果を上げている人でも手ごたえを実感できる納得の内容となっていますので、目を通すだけでも一見の価値はあるはずです。
 
 
 
 

 
追記
 
 
ネット上では日々、多種多様な稼ぐ系の情報商材が作られ販売されています。
 
 
そのほとんどがまともに稼げるとは言えない酷い内容ばかりなのは言うまでもありません。
 
 
 
大事なことは「手段・方法」ではなく、もっと前の段階にあります。
 
 
 
冒頭でもお伝えしましたが、手法というのは一過性の流行みたいなものが多く、それに依存するのは、とても危険なことなのです。

 
 
 
そんな不安定なものに頼ることよりも、
重要なのは、どれだけ自分の能力を高めることができるか、です。
 
 
つまり、物を売る能力があればお金を生み出すことが可能になるので、どんなやり方でも稼げるわけですし、手法を問わず生きていけるようになります。
 
 
 
とくにこれからはネット社会が更に加速していくのは目に見えていますから、ネットを使ってお金を稼ぐのが当たり前のことになるのは、誰もが予測できている当然の流れだと思います。
 
 
それも含めて、どんなスキルを身につけて行くべきかは、突きつめて考えれば、おのずと答えが見えてくるものです。
 

 
 
僕は動画などのスキルは効率が悪いと判断しましたし、誰でも身につけられるスキルという点から見ても、かなり難易度が高いと思いました。
 
 
その点、文章は誰にでも書けますし、人間の歴史を振り返ってみても文字というのは決してなくならないものです。
 
今も昔もネット上ではほとんどの事が文章によって行われています。
 
 
 
コピーライティングは学べば解りますが、誰にでも使いこなす事が出来るものです。
 
小学校を卒業していれば文章は誰にでも書けます。
別にすごい文章を書く必要もありません。
 

 
 
僕は今まで、こんな簡単なことで一生お金に困らなくなる世界があるとも思っていませんでした。
 
 
 
好きな時に好きな記事を書くだけで、サラリーマンではありえない額の収入を発生させる事が出来るのが、アフィリエイトビジネスの醍醐味ですし、このネット社会の恩恵です。
 
 
何を選択するかは個人の自由ですが、
本当に自由に生きて行くために自分のスキルを磨くならば、
あえて難しい方に行く必要は1ミリもありませんし、確実性の高い最短ルートを選ぶ方が効率的に考えても賢い選択だと思います。